読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】紫外線は1年中浴びている!季節別の紫外線対策とは?

f:id:shirono-blog:20170224205343j:image

美肌の大敵である紫外線。紫外線は、シミやしわといった肌トラブルの原因となってしまいます。季節や気候によって降り注ぐ紫外線の量は全く違うため、それぞれに合わせた紫外線対策をしなければいけません。正しく紫外線対策を行わなければ、肌はあっという間にシミやしわの多いオバサン肌になってしまう可能性も。
今回は、覚えておきたい季節別の紫外線対策をご紹介します。

 


【3月~5月 春の紫外線対策】
春は夏に向けて紫外線の量が増えてくる季節。5月になると日差しが急激に強くなるため、油断していると、肌にくっきりと日焼けのあとが残ってしまいます。地上まで届く紫外線にはUVAとUVBの2種類がありますが、シミやしわの主な原因となるのはUVA。なんと、地上に届く紫外線の約95%がUVAなのです。
春は、このUVAが冬の3倍もあります。油断しているとシミやしわができてしまうので、夏を迎えている気持ちでしっかり紫外線対策を行いましょう。また、冬に比べると、汗もかきやすくなる時期。日焼け止めの塗り直しも忘れないようにしてください。

 

【6月~8月 夏の紫外線対策】

夏は、紫外線量が1年の中で最も多くなる季節。夏に紫外線対策を怠れば、確実にシミ・しわを作ってしまいます。日焼け止めを塗るのはもちろん、外出時の帽子やサングラスは必需品。6月頃は梅雨で湿気も多く、すぐに日焼け止めが取れてしまうので要注意です。
また、どんなに天気が悪く曇っていても、紫外線は猛威をふるっています。夏の間は、どんな天気でも油断せず、日焼け止めは防御力が一番高いSPF50のものを使うようにしましょう。

 

【9月~11月 秋の紫外線対策】

秋は、紅葉など屋外での秋のレジャーが人気ですが、日差しが夏に比べ緩まるため、紫外線対策を怠ってしまう方も少なくありません。しかし、秋の紫外線の量は夏の40%~70%程の量。これほどの紫外線を浴びてしまえば、あっという間にメラニンが貯蓄されシミの原因になります。夏を乗り切ったからといって気を緩めず、引き続き日焼け止めなどを使用して対策していきましょう。

 

【12~2月 冬の紫外線対策】

冬は肌が乾燥して免疫が弱っているため、しわやシミができやすい季節。冬は肌の保湿ケアを徹底して、紫外線から肌を守るための潤った肌を作ることが大切です。化粧水や、乳液は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など、保湿成分がたくさん入ったものを選び、たっぷり肌につけるようにしましょう。保湿ケアと紫外線対策を両立させることで、シミのできにくい肌になります。

季節を問わず、最低限の紫外線対策として日焼け止めの使用は必須です。気候や天候に惑わされず、年中気を引き締めて紫外線から肌を守りましょう。