シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】実はスーパーフードだった!? 「味噌汁」の美容効果

f:id:shirono-blog:20171013172840j:image

味噌汁は室町時代からの伝統的な食品で、栄養価も非常に高いです。
それに加えて色々なすばらしさを秘めている、味噌汁の効果についてシロノクリニック総院長 城野親徳がお伝えします。

 

栄養が満点

味噌にはたんぱく質をはじめ、ビタミンB群、ミネラル、食物繊維、脂質などと栄養価が満点です。そして「かつおぶし」や「こんぶ」などのだしを使うとさらに栄養価が高まります。
まず昆布はカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれ、がん細胞を縮小されるフコイダンも多く含まれています。カルシウムが多く含まれている煮干し、細胞を活性化させる「しいたけ」などをだしとして利用することは大きな効果があります。

 

コレステロール値を下げる

味噌汁にはコレステロール値を抑制する効果があるといえます。
必須脂肪酸であるリノール酸が含まれていて、リノール酸コレステロールを排出する役割を果たします。
また、大豆ステロールは腸においてコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。コレステロール値が下がると血液はサラサラになり、多くの病気の予防にもなります。

 

糖尿病を予防する

味噌汁は空腹時血糖値を下げる効果があります。
身体には体脂肪を燃やしたり血糖値を下げたりするアディポネクチンというホルモンが存在しています。大豆たんぱくにはこのホルモンを増やす役割があることから、味噌汁を飲むと血糖値が下がります。
糖尿病は合併症を伴う恐ろしい病気です。合併症となると失明、人工透析、足の切断を余儀なくさせられて、生活の質が著しく低下する恐れがあります。
薬やインシュリンを打つよりも、味噌汁を毎日飲む方がよほど健康的で経済的です。

 

骨粗鬆症の予防

味噌にはカルシウムが多く含まれており、また豆腐などの具を組み合わせると、さらに多くのカルシウムが摂取できます。
特に女性は更年期以降、女性ホルモンが少なくなると骨密度が過度に減ります。そうなると少しの衝撃や転んだりしたりすると骨折しやすくなり、腰が曲がったりします。そのような不具合を防ぐためにも味噌汁を飲む習慣が大切です。

 

美容に大きな効果をもたらす要因

味噌汁のビタミンEの働きにより、エイジングケアにも非常に効果的です。
また、味噌汁を飲むとメラニンが合成されるのを防ぐ美白効果もあるといわれているので、シミ、そばかすの予防にもつながります。

このようにさまざまな魅力的な効能を兼ね備えた味噌汁なので、飲まないのは本当にもったいないです。ただ塩分を含むので飲みすぎてもよくないが、具を多くして汁を減らすなどの工夫も行ってください。

【城野親徳の美容コラム】今が旬!サンマの美肌効果がすごい!

f:id:shirono-blog:20171004134757j:image

ビタミン、ミネラルたっぷり


まずはサンマに含まれる豊富なビタミン。お肌のターンオーバーを整えるビタミンAやビタミンB群、老化を防ぐビタミンEなど、お肌にとって大切なビタミンがいっぱい含まれています。

さらに、女性に不足しがちな鉄分もサンマには豊富に含まれています。鉄分の不足は貧血の原因になるだけでなく、肌にとっても悪影響。鉄分はコラーゲンの合成を促すので、不足すると肌のハリが失われる原因に。さらにシミの原因にもなると言われています。サンマを食べることで鉄分を補給できるのはうれしいですね。

 

EPADHAで肌トラブル改善
サンマにはEPADHAなどの必須脂肪酸も含まれています。この2つは血液をサラサラにして血行を良くする働きがあります。

生活習慣病などの予防に良いという印象が強いかもしれませんが、血行が良くなればくすみや肌荒れなどの改善にもつながります。また、肌のキメを整えたり、エイジングケアにも役立つんですよ。

 

サンマの「ワタ」も残さず食べたい理由
サンマは好きだけど、ワタは苦いから食べないという方もいるかもしれません。

でも、美肌のためにぜひ食べたいのはワタの部分なのです。その理由は、サンマのワタにたっぷりと含まれるレチノール。

レチノールには、お肌のターンオーバーを促し、うるおいを保つ働きがあります。また、コラーゲンの生成を助けたり、傷んだエラスチンを修復する働きも! お肌のためにはぜひ、ワタも残さず食べることをお勧めします。

【城野親徳の美容コラム】朝一杯の「ホットレモン水」で美肌作り&風邪知らずに!

f:id:shirono-blog:20171004133046j:image

空気が乾燥する上に、体温が下がりがちな冬は、乾燥肌などの肌トラブルが起きやすくなるだけでなく、風邪やインフルエンザなど感染症にもかかりやすくなる季節です。

この時期、肌を乾燥から守り、免疫力を高めるためにもしっかりと摂りたいのがビタミンCです。生のフルーツを食べたり、ジュースとして飲むのも良いですが、身体を冷やすのがちょっと心配……。そこで取り入れたい習慣が、毎朝一杯の「ホットレモン水」です。

城野クリニック総院長 城野親徳が美容・健康効果が高いホットレモン水についてお伝えします。

 

◎レモン果汁の美容・健康効果

いろいろな食品のビタミンC含有量を言う時に「レモン○個分」と表現されることが多いように、レモンと言えばビタミンCが豊富に含まれることで有名です。

ほかにも、クエン酸やビタミンB群、さらにカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類も含まれています。

ビタミンCが美肌作りに欠かせないビタミンであることは、ご存じの方が多いと思います。シミやくすみなどの原因となるメラニンの生成を抑え、代謝を促すため、美白効果が期待できる上に、コラーゲンの生成を助けるためハリをもたらす効果や、シワなどの原因となる活性酸素の働きを抑える効果もあります。

さらに、レモンには抗菌作用があるため、この時期の風邪やインフルエンザ感染を予防する効果も期待できます。

また、クエン酸による代謝アップとダイエット効果、老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果もあって、美容と健康に良いことがいっぱいなのです。

◎ホットレモン水の作り方

【用意するもの】
・レモン 1/2個
・お湯 180cc

【作り方】
①レモンを絞って種を取り除きます。
②お湯に①を加えてよくかき混ぜます。

美容効果を期待する場合は、砂糖などを加えずにそのままいただくのがお勧めですが、そのままではちょっと飲みづらいという方は、はちみつを少し加えても良いでしょう。

ホットで飲むことによって、しっかりと身体を温めながら水分とビタミンC補給することができますよ。

寒い冬の乾燥対策&感染症予防に、ぜひ試してみてくださいね。

【城野親徳の美容コラム】コーヒーVS紅茶美容に良いのはどっち?

f:id:shirono-blog:20171004131940j:image

涼しくなってくると恋しくなるのが、コーヒーや紅茶など温かい飲み物。あなたはコーヒー派? それとも紅茶派でしょうか。

どちらも好きで気分に合わせて選ぶという方もいるかもしれませんね。

今回は、美容効果の点で見た場合にコーヒーと紅茶ではどんな違いがあるのかを城野クリニック総院長 城野 親徳がご紹介します。

 


◎コーヒーを飲む人はシミができにくい!?
コーヒーにはクロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールと言えば赤ワインを思い浮かべる方が多いかと思いますが、コーヒーにも赤ワインと同じぐらい含まれているんです。

ポリフェノールは強力な抗酸化物質です。お肌の細胞を傷つけてシワやシミの原因となる活性酸素の働きを抑えてくれるので美肌効果が期待できるんです。

「1日2杯以上コーヒーを飲む人は、それ以下の人と比べてシミが少ない」という研究結果もあるんですよ。

また、ホットコーヒーには血糖値上昇を抑制する働きがあり、脂肪の蓄積を防いでくれます。コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化する働きもあるため、コーヒーにはダイエット効果も期待できるんです。

コーヒーの香りにはリラックス効果やストレス解消効果もあると言われています。

◎紅茶には美容液にも用いられる美白成分が……!

抗酸化作用については、紅茶も負けていません。紅茶にはカテキン、テアルビジン、テアフラビンなどのフラボノイド(ポリフェノールの一種)が豊富に含まれていて、お肌のエイジングケアに効果を発揮してくれます。また、紅茶には美白成分として有名な「ハイドロキノン」も含まれています。

化粧水や美容液の成分として用いられていますが、もちろん紅茶を飲むことでも美白効果が期待できます。

さらに、カリウムやカルシウムなどのミネラル類、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン類も豊富なので、身体の新陳代謝を整えることにも役立ちます。

コーヒーや緑茶には身体を冷やす作用がありますが、紅茶は身体を温めると言われています。ショウガと組み合わせたショウガ紅茶ならさらにポカポカ効果アップ! 冷えは美容の大敵なのでうれしいですね。

コーヒー、紅茶ともに美容効果が期待できる飲み物と言えそうですね。温かい飲み物には身体をポカポカ温めてくれて、代謝を高める効果もあります。食後や午後のリラックスタイムなどに、おいしいコーヒーや紅茶を飲んで美肌を目指しちゃいましょう。

 

【城野親徳の美容コラム】ニキビや肌荒れに効果的な栄養素をもつ食材3選

f:id:shirono-blog:20170930143114j:image

ニキビ跡を薄くしたり肌荒れを防ぎたいと考えるなら、積極的に摂取したい食材があります。スーパーで簡単に手に入れることができ、ニキビ跡や肌荒れに効果的な栄養素や成分を持つ食材を3つを城野クリニック総院長 城野親徳がお伝えします。


◎ひじきに含まれるミネラルで健やかな肌に

鉄分や亜鉛などのミネラルは、人間が生きるために必須の栄養素です。鉄分や亜鉛が不足すると、ホルモンバランスに影響を与えたり体が貧血や酸欠に陥りやすくなったり、肌荒れが起きやすくなると考えられます。血中の酸素が不足すると、血液がどろどろになって体の隅々まで栄養素が運ばれにくくなり、肌が栄養不足に陥る可能性も。ひじきや青のりなどの海藻類には、豊富なミネラルや食物繊維が含まれています。乾煎りしたひじきと根菜類をマヨネーズであえたサラダや、鶏肉や豆類などをふんだんに加えたひじき煮は美肌効果や美容効果が高い献立です。積極的に献立に取り入れましょう。

 

◎フルーツのビタミンCでコラーゲンの生成を助ける

ビタミンCには、皮膚の粘膜の健康を維持したり、肌荒れを防いだりする効果が期待できます。ビタミンCには肌のハリや弾力の元となっているコラーゲンの生成を助ける役割や、鉄分の吸収を助けるはたらきがあります。また、高い美白効果が期待できる化粧品やシミを防ぐ化粧品にビタミンC誘導体が配合されていることからもわかるように、ビタミンCには皮膚のシミを抑制するはたらきがあるといわれています。ニキビ跡の治癒や、ニキビができにくい肌を作りたいと考えるならビタミンCは欠かすことのできない栄養素だといえます。ビタミンCは加熱に弱く、水に溶けやすいことが特徴です。ビタミンCを効果的に摂取するには、朝食や間食として生のフルーツを食べるといいですよ。

◎鮭に含まれるアスタキサンチンで抗酸化作用アップ

鮭の身の赤い色には、アスタキサンチンという成分が含まれています。アスタキサンチンアンチエイジングに効果的だといわれている成分です。アスタキサンチンには、肌の老化の原因となる活性酸素を除去するはたらきや、シミを抑制する効果が期待できます。また、鮭の皮にはコラーゲンが含まれており、ニキビ跡を修復する効果や肌のハリをアップする効果も。安価で購入できる点も魅力的です。

 

しつこいニキビ跡や肌荒れはスキンケアだけでなく、体の内側からのケアで解消していくことが重要です。それでもなかなか改善へ向かわない場合には、クリニックでのカウンセリングを受けることをお勧めします。

【城野親徳の美容コラム】肌代謝がカギ!「代謝」の向上がシワ改善・予防に良いのはなぜ?

f:id:shirono-blog:20170926210327j:image

年齢を重ねるとともに顔に現れてくる、目尻のしわや口元のしわ、とても厄介ですよね。気になるしわの改善には、「肌代謝」を見直すことが大切です。
今回は、しわを始めとする肌の老化と肌代謝の関係、代謝をあげてしわを予防する方法について詳しくシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。

 

代謝」とは
代謝とは、体内に取り入れた栄養素をエネルギーに変えて消費していくこと。肌だけでなく、体温調節や呼吸、食べ物の消化吸収などにも関わる大切な働きです。代謝能力が落ちると体のさまざまな機能の低下を引き起こし、体を老化させてしまいます。しかし逆を言えば、肌に関わる代謝機能(=肌代謝)を一定のレベルに維持することができれば、自然としわやシミの予防に繋がるということになるのです。しわが気になるようになったら、まずは肌代謝を向上させるための対策を行うことが重要になります。

 

年齢に伴う肌代謝の衰え

私たちの全身を覆う肌は、外部の刺激や衝撃に耐え、細菌、病原体などの侵入を防ぐ、体の内部を守る役割をもっています。そのため肌の細胞は常に新しく生まれ続け、古くなったものと入れ替わることでベストな機能を維持しているのです。しかし、この肌細胞が生まれかわる周期(=ターンオーバー)は、年を重ねて代謝能力が低下するにつれて期間が延びていく傾向にあります。個人差はあるものの、20代の頃は28日程度だった周期は30代で40日程度に、40代では55日程度にまで延びてしまいます。すると肌はたまったダメージを修復しきれなくなり、シミやシワなどが定着しやすくなってしまうのです。

 

代謝を向上させてしわを改善・予防する方法

加齢による代謝機能の衰えは仕方のないことですが、筋力の低下や不規則な生活、紫外線や汚れの蓄積などによって起こる代謝の低下は予防することが可能です。加齢以外が原因で起こる代謝の低下を予防すれば、必要以上の肌の老け込みやしわの改善に繋がります。
代謝を向上させるために、以下の点に注意して生活していきましょう。

・スクラブ剤等を使って、定期的に角質ケアを行う
・蒸しタオルなどを使って肌を温める
・夕方以降のカフェイン摂取は控える
・眠る前のスマホやPCなどは控える
・充分な睡眠をとる
・1日3食、バランスの良い食事をする
・ビタミンA、C、E、亜鉛などの新陳代謝を高める栄養を積極的に摂る
・適度な運動を毎日の習慣にし、筋肉量を維持する

いかがでしたか?肌代謝の向上は、しわだけでなく、シミやくすみの予防にも効果的です。日々の生活を見直して、衰えがちな肌代謝を向上させてあげましょう。

【城野親徳の美容コラム】ビールの「美肌効果」に乾杯!

f:id:shirono-blog:20170918225524j:image

冬は何かとイベントや飲み会が増える季節ですね。飲み会で最初の一杯は「とりあえず生で!」ということも多いもの。あの苦みが美味しいと感じる人もいれば苦手な人もいると思いますが、実はビールは美肌効果が高い飲み物だとご存じでしたか?

今回はビールの美肌効果について、 シロノクリニック総院長 城野 親徳がお伝えします。

 

◎美肌ビタミン・ミネラルが豊富

美肌作りに欠かせないビタミンB群が豊富。 ビタミンB群は、肌のターンオーバーと関わりの深いビタミンです。また、ビタミンB群の一つであるパントテン酸ビタミンB5)はビタミンCがコラーゲンを生成する時に必要となる栄養素です。

また、不足すると肌荒れなどの原因にもなるカルシウム、リン、ナトリウム、カリウムなどのミネラルも豊富です。

さらに、ホップに含まれる「フィストロゲン」という成分は女性ホルモンに似た働きをするため、ストレスなどで不足しがちな女性ホルモンを補い美しい肌や髪を保つことにも役立ちます。

 

ノンアルコールビールなら安眠効果バツグン!

ビールの主原料となる麦芽やホップには、リラックス・鎮静作用があるアミノ酸「GABA」が豊富に含まれており、心身の緊張をほぐし、安眠に導いてくれます。

ただし、ビールにはアルコールが含まれるため、体内で分解される時に交感神経を刺激して目が醒めてしまいます。このため、安眠効果を期待するならノンアルコールビールを飲むことをお勧めします。ただしノンアルコールビールには麦芽やホップが原料でないものもありますので、安眠用に購入する場合には成分表示を確認してみるのが良いでしょう。

ビールもノンアルコールビールも、比較的カロリー低めの飲み物ではありますが、糖質が含まれているため飲み過ぎには注意しましょう。