シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】 ひと手間プラスでおばさん顔改善!「肝斑」を隠すメイクテクニック

f:id:shirono-blog:20180524225452j:plain



顔の広範囲に出現してしまう「肝斑」は、ファンデーションをひと塗りするだけではカバーするのが難しいですよね。
とはいえ、何度も厚くファンデーションを塗ったり、たくさんのアイテムを重ね塗りしてしまうと、厚化粧になってオバサン顔になったような印象を与えてしまいます。
ナチュラルさを残しながらも肝斑をカバーするためには、一体どのようなメイク方法を取り入れればいいのでしょうか。
今回は、女性の大きな悩みとなる「肝斑」をカバーする上手なメイクテクニックをシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



肝斑を隠すメイクテクニック3つ

コンシーラーで隠す方法

クマやシミ隠しなどでも活躍してくれるコンシーラーは、カバー力が高いためファンデーションを厚塗りしなくても肝斑をキレイに隠すことができます。
とくに、ピンポイントでカバーできる筆タイプのコンシーラーは使い勝手がよくお勧めです。

 

~コンシーラーで隠す際の手順~

1.顔全体に化粧下地とリキッドファンデーションを塗り、ベースメイクの土台を作る
2.肝斑部分に、自分の肌よりやや暗めのコンシーラーを重ねる
※ベタッと一気に塗るのではなく、筆先でちょんちょんと少しずつ塗るのがポイント
3.指の腹で軽く叩きながらコンシーラーを馴染ませる
4.ルースパウダーやハイライトパウダーをブラシでふんわりと重ねる

 

ファンデーションで隠す方法

肌に合うコンシーラーが見つからない場合は、いつも使っているファンデーションでも肝斑を隠すことができます。
ただし、明るめのファンデーションだと塗った部分が目立ってしまうため、自分の肌よりやや暗めのファンデーションを使うことが大切です。

 

~ファンデーションで隠す際の手順~

1.顔全体に化粧下地と、やや暗めのファンデーションを塗る
※ファンデーションはリキッドタイプでもパウダータイプでもOKですが、できるだけカバー力が高いものを選ぶのがポイント
2.ファンデーションを指の腹に取り、肝斑にポンポンと重ねる
※コンシーラーと同じように、少量ずつ丁寧に乗せていく
3.ルースパウダーやハイライトパウダーを重ねる

 

チークで隠す方法

コンシーラーやファンデーションを駆使しても肝斑が上手く隠れないという場合には、チークでぼかす方法がお勧めです。
ブラウン系のチークを使えば、肝斑と肌との境目がぼやけて、肝斑を目立たなくすることができます。

 

~チークで隠す際の手順~

1.上記の手順でコンシーラーやファンデーションを使い、ベースメイクを完成させる
2.ブラシにブラウン系のチークを取り、肝斑部分にふんわりと乗せる
※濃いと不自然な印象になるため、あくまでも自然な血色に仕上げるようにする

肝斑がキレイに隠れると、大幅に若返ったような印象を与えることができます。
毎日のメイクではベースメイクに力を入れて、気になる肝斑のカバーをしていきましょう。




【城野親徳の美容コラム】 紫外線対策は今から【 初夏にすべきシミ対策】

f:id:shirono-blog:20180522011849j:plain



天候が安定して過ごしやすい日が続くと、気になるのは紫外線ですよね。
まだ太陽の日差しは緩やかだと思っていても、紫外線は5月ごろから急激に増えていきます。
シミを作らないためには、初夏からの紫外線対策がポイントとなってきます。
そこで今回は、今すぐ始めたいシミ対策についてシロノクリニック総院長 城野親徳が紹介します。



5月からの対策が重要なワケ

「紫外線は真夏がもっとも多いのでは?」と思っている人も多いと思います。
地上に届く紫外線には、肌を赤くしたり水ぶくれを作ったりするB波と、肌の奥まで到達してシミやしわなどの原因になるA波の2種類があります。
B波は日差しの強い7月8月がピークとなりますが、A波は5月にピークを迎えます。
このピークを迎える5月にこそしっかりと対策をしておかないと、肌にじわじわとダメージが与えられてしまいます。
B波がピークになる真夏までに肌の奥に蓄積してしまうので、日焼けしやすく戻りにくいという状態になってしまうことも。
そのため、5月からのシミ対策が重要となってくるのです。



マストアイテムは日焼け止め!

紫外線対策のマストアイテムといえば日焼け止め。
外出する際には、「まだ大丈夫!」と油断せずにきっちりと塗っておくのがお勧めです。
「洗濯物を干すだけだから」とか「そこまで短時間で済むから」と思っていても、その数分でも紫外線は容赦なく肌に降り注ぎます。
朝のお手入れにプラスする習慣をつければ、忘れずに済むでしょう。

また、日焼け止めをこまめに塗り直すことも大切です。
普段使いならSPF20、PA++位のものを数時間に1度のペースで塗るようにしてください。
あまり数値の高いものは、刺激が強いこともありますし、きちんとオフしないとかえってシミやしわの原因になることもあるので注意が必要です。



日傘や帽子をプラスして

「日焼け止めだけでは日差しが気になる」という人は、紫外線カット加工がされている日傘や帽子をプラスすることも効果的です。
首周りの日焼けが気になるという場合は、薄手のストールでケアすることも有効です。
アスファルトからの照り返しも侮れないので、ストールは1枚持っておくと便利ですね。
また、目からも紫外線を吸収してしまいます。日差しが強い日にはサングラスも併せて使いましょう。

一方で、日中の紫外線対策をばっちり行った日でも夜のお手入れでシミ対策をしましょう。
美白成分が配合されたスキンケア化粧品を取り入れて、しっかりと保湿をします。
頬や鼻筋など日焼けが気になる部分にはピンポイントで美白クリームを塗るのもお勧めです。
パックでスペシャルケアをしても良いでしょう。

ぜひ夏前から紫外線対策を行うようにしてください。




【城野親徳の美容コラム】 日本でワキガを発症する人は何割? 外国人とも比較してみよう!

f:id:shirono-blog:20180517220606j:plain



近年、日本人の中でワキガに悩む人が増加傾向にあるといわれています。
では実際のところ、日本人の何割がワキガを発症するのでしょうか?
意外と知らない、ワキガを発症する日本人の割合を、海外の割合と比較しながら見ていきましょう。

日本人でワキガを発症する人の割合とは?

日本人でワキガを発症する人の割合は、約10%といわれています。
およそ10人に1人がワキガ体質である、ということになります。
意外にも多いことに驚く方も多いと思いますが、外国人はどのくらいの割合でワキガを発症するのでしょうか。

次は、外国人の割合をチェックしていきましょう。



外国人でワキガを発症する人の割合とは?

外国人でワキガを発症する人の割合は人種によって異なります。
おおまかに分類すると以下のようになります。

・アフリカ系 約100%
・欧米人 約80~90%
・中国人、韓国人 約3~5%

アフリカ系や欧米人がワキガを発症する割合が多いことがわかります。
日本人と比べるとワキガの割合が圧倒的に多いことに驚いた方も少なくないでしょう。

しかし、日本と同じアジア系の中国人や韓国人よりは、日本人のほうがワキガの割合が多いのも事実です。
とはいえ、他の国と比べると日本人のワキガの割合は少ないもの。
日本人はワキガになる割合が少ないからこそ、より気になってしまうものなのです。



ワキガ体質の人の割合が増えてきた理由とは?

日本人でワキガを発症する人の割合は、近年増加傾向にあります。
その理由には、食生活の欧米化が関係しているといわれています。

かつての日本人は、穀物や魚、野菜中心の食生活を送っていました。
しかし、現代の日本人はファストフードなどの外食産業の成長によって、多くの肉や高脂質食品を口にするようになっています。
これらが関係して日本人の体質が変化し、ワキガや体臭が強くなっていると考えられているのです。
また、食事だけでなく、生活習慣の乱れも体臭の悪化につながるといわれています。
不規則な生活をしているとホルモンバランスや自律神経が乱れ、汗に含まれる老廃物の量も増えてしまうのです。

さらに、重労働や人間関係でのストレスも、強い臭いを引き起こす原因になります。
そのため、ワキガ体質を改善するためには、食事内容や生活習慣を見直すことが大切です。
魚や野菜中心のバランスの良い食事と、規則正しい健やかな生活を心掛けていきましょう。


以上、日本人でワキガを発症する人の割合についてご紹介しました。
ワキガ体質の人は「自分だけが臭うのでは……?」と悩みがちですが、決してそんなことはありません。
あまり深刻に悩まず、有効な対策を取り入れていきましょう。




【城野親徳の美容コラム】 毎日のキレイ習慣! 血流改善につながる「ストレッチ」のポイント

f:id:shirono-blog:20180515074627j:plain

 



肩こりや冷え性など女性に多いお悩みと大きな関わりがあるのが血行不良です。
血液の流れが悪くなると肌のくすみや肌荒れ、目のクマなどもできやすくなります。

血行が悪くなってしまう原因はいろいろとありますが、改善策の一つとして注目したいのが「ストレッチ」です。

血流を良くするストレッチの効果とやり方のポイントについて、シロノクリニック総院長 城野親徳がお伝えします。

ストレッチはしなやかで巡りの良い身体作りに効果的!

デスクワークなどで同じ姿勢をずっと続けていると、筋肉が緊張して、圧迫された毛細血管の血液の流れが悪くなってしまいます。
この状態が続くと「コリ」となって痛みなどを引き起こす場合もあります。

ストレッチで筋肉を伸ばしや柔らかくほぐしてあげることで、血液やリンパの流れが滞ることを予防できます。
また、関節の可動域が広くなることで炎症が起こりにくくなる効果も期待できます。

もちろん、血流が良くなることで顔色も良くなるし、肌のターンオーバーを正常に保つことにも役立ちますよ。



ストレッチで血流改善するためのポイント

ストレッチを効果的に行うためには、以下のようなポイントを意識しましょう。



毎日少しずつでも継続する

ストレッチは、心地良いと感じる範囲なら好きなだけ行って良いのですが、一度に長時間やるよりも短い時間でも毎日続けて行う方が効果的です。



お風呂上りが効果的

筋肉が温まって柔らかくなっている入浴後は、ストレッチで筋肉を伸ばしやすくなっています。
ストレッチを行うことでリラックスにもつながるため安眠効果も期待できます。

毎日の入浴後の習慣にしたいですね。



息を吐きながら、反動をつけずに伸ばす

身体が硬い人の場合、息を止めて反動をつけてストレッチしようとしがちです。
でも、ストレッチの目的は筋肉を伸ばしてあげること。
無理をするのではなく、息を吐きながらゆっくりと伸ばしていきましょう。
痛みを感じるところまで無理に伸ばす必要はありません。

毎日続けていくことで、次第に身体が柔らかくなることが実感できるはずです。
しつこい肩こりや冷え性も改善されるかもしれませんよ。
毎日できる範囲で続けてみてくださいね。




【城野親徳の美容コラム】 美肌にデトックスに!ワインの美容効果

f:id:shirono-blog:20180511010218j:plain



「お酒の飲み過ぎは美容の大敵!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん飲み過ぎは良くありませんが、ほどよい量なら健康にも美容にも良い効果が期待できるんですよ。

今回は、ワインの美容効果について、シロノクリニック総院長 城野親徳がお伝えします。

赤ワインでエイジングケア

赤ワインにはレスベラトロールをはじめ、カテキンやフラボノイド、アントシアニン、タンニンなど豊富なポリフェノールが含まれています。

これらのポリフェノールは、強力な抗酸化作用を持つため、シワやシミなどお肌の老化をもたらす「活性酸素」を除去してくれます。
また、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の酸化を抑え、血液をサラサラにしてくれるため、血流を良くし、冷えやむくみの改善にも役立ちます。

さらに、赤ワインには脂肪細胞の成長を抑える「ピセアタンノール」という成分が含まれることから、ダイエット効果も期待できると言われています。



白ワインでデトックス

白ワインはカリウムを豊富に含むため、体内の余分な水分やナトリウムを排出する働きがあります。
これにともなって、老廃物や毒素を排出するデトックス効果が期待できます。

また、腸内環境を整える働きがあるため、便秘解消にも役立つと言われています。
白ワインにはカルシウムやマグネシウムなど、ミネラルが豊富なのも嬉しいところです。
赤ワインと比較すると少なくなりますが、ポリフェノール類も含まれています。
骨や歯を丈夫にするだけでなく、美肌作りやダイエットにも役立ちますよ。

美容や健康効果を期待して飲むのであれば、赤ワイン、白ワインともにグラス1~2杯程度が適量です。
食事と一緒にゆっくりと楽しむことをお勧めします。




【城野親徳の美容コラム】 シャワーが原因? 入浴時の洗顔で肌がたるむ4つの理由

f:id:shirono-blog:20180508184452j:plain



「夜の洗顔を入浴中に一緒に済ませてしまう」という方は多いのではないでしょうか。
その際、シャンプーや体を洗ったついでにシャワーでそのまま洗顔をする方は少なくありません。
しかしシャワーを使った洗顔は、肌荒れやたるみの原因となってしまうことがあります。
なぜシャワー洗顔で肌がたるんでしまうのか、理由をシロノクリニック総院長 城野親徳が4つご紹介します。



1.水圧が肌に刺激となる

シャワーを顔に直接当てると、洗顔料などが気持ちよく洗い流せている気がしますよね。
しかし、このシャワーの水圧は、洗顔料を洗い流すのと同時に顔の角質まで剥がしてしまう恐れがあります。
角質は肌のバリア機能としての役割があるので、角質を剥がしてしまうと乾燥を引き起こす要因となってしまうのです。
乾燥すると、肌のたるみだけでなく肌荒れしやすくなるなど肌トラブルが起きやすくなります。



2.シャワーの温度は洗顔に適していない

シャワーを浴びる時の温度設定の基準は、だいたい体にかけた時に心地よい程度にしていると思います。
体にかけた時に心地よい温度は、洗顔に使うお湯の温度よりも高いのです。
洗顔に適している温度は、34度程度といわれています。
これが40度以上に設定してあるシャワーを使って洗顔してしまうと、必要な油分まで落としてしまうことになってしまうのです。



3.水圧で毛穴が開いてしまう

シャワーを顔にあびると毛穴にダイレクトに当たってしまうので、毛穴が広がってしまい、毛穴のたるみの原因にもなってしまいます。
毛穴のたるみは、顔のたるみの予兆と言われているくらいなので、毛穴は引き締めることが大切です。



4.シャワーだとすすぎ残しがある場合も

シャワーを顔全体にあびているつもりでも、実はすすぎ残しがある恐れがあります。
シャワーを片手に持ってすすぐ場合、もう片方の手で顔に残った洗顔フォームなどを落とすことになりますよね。
そうすると、鼻の横や生え際やアゴなどきれいに落としきれないケースがあるのです。
ファンデーションが毛穴に残っていると、角質が汚れたままになってしまうので肌の劣化を早めてしまうでしょう。



シャワーでの洗顔は楽ですし、入浴時間の短縮にもなりますが、洗顔だけはシャワーを使わずに洗面器にためるようにしましょう。
また、温度にも気をつけることで、顔のたるみの進行防止に役立ちます。




【城野親徳の美容コラム】 日焼け止めの成分「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」って?

f:id:shirono-blog:20180504010127j:plain



春は紫外線量が一気に増える季節。
一方、肌の方は冬の間にメラニンが少なくなっていますので、紫外線のダメージを受けやすい状態です。
毎日の紫外線対策として忘れずに日焼け止めを使用することが大切です。

毎日使うものだからこそ、日焼け止めは成分にも注目して選びたいもの。
シロノクリニック総院長 城野親徳が紫外線の成分についてお伝えします。



紫外線をカットする成分には2種類ある

日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐための成分は、主に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類に分けられます。

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを吸収し、化学反応によって熱や赤外線に変換して放出するタイプの成分です。
紫外線散乱剤は、紫外線のエネルギーを反射・散乱させることで物理的に跳ね返すタイプの成分です。



それぞれのメリット・デメリットは?

紫外線吸収剤は無色透明なので白浮きがなく、配合した日焼け止めは滑らかで塗り心地が良いという特徴があります。
ただし、吸収できる紫外線の量や種類に限りがあり、化粧品として配合できる量が法律で制限されています。
このため、紫外線吸収剤のみを配合した日焼け止めのSPF値やPA値は比較的低めになります。
また、有機化合物であるため人によっては肌に刺激を感じる場合も。

紫外線吸収剤として用いられることが多い成分には以下のようなものがあります。
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン-3
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

一方、紫外線散乱剤は、ファンデーションやフェイスパウダーなどに白色顔料として用いられることが多い「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などが主なもの。
これらは化学変化による処理は行わないため、比較的効果が長く続くことや、紫外線の種類を選ばないためUVA、UVB両方防ぐことができ、肌への刺激も少な目という利点があります。
ただし、白浮きしやすくやや塗りづらいのが難点です。

日焼け止めには、どちらかだけを配合しているものと両方を組み合わせたものがあります。
それぞれの特徴を理解した上で、自分の肌や生活スタイルに合う日焼け止めを選ぶようにしたいものです。