シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】天使の羽「肩甲骨」で美肌ダイエット!?

f:id:shirono-blog:20180813160511p:plain



人の体には「天使の羽」と呼ばれる部位があります。
それこそ「肩甲骨」。
肩甲骨は鎖骨、胸骨、肋骨、脊柱という骨格の大事なパーツと連携していながら、たった1つの小さな肩鎖関節のみによって胴体と接続しています。
宙に浮いたようなこの骨を支えるのは、僧帽筋や肩甲挙筋などの筋肉。
ストレッチで肩甲骨周辺の筋肉をやわらかくすると、関節の可動域が拡がるだけでなく美肌効果やダイエット効果を得られるのです。
その理由を美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介したいと思います。



肩甲骨について

ダイエットに重要な意味を持つと言われるのは骨盤が主流かもしれません。
しかし、最近では肩甲骨が注目を集めるようになりました。
その理由は、骨盤と肩甲骨が連携していることが世間でも知られるようになったからです。
肩甲骨の開閉は骨盤と連動する
つまり、肩甲骨が動ける幅を広げ開閉を柔軟に行えるようになれば、骨盤も自動的にやわらかさを取り戻すという事に。
骨盤のゆがみも一緒に解消できるというわけです。

僧帽筋・肩甲挙筋をやわらかくしてエネルギー燃焼効率を上げると肩こり解消になります。
また、おまけの作用に代謝が上がる効果も。女性にとって重要な意味を持つ代謝=美肌作り」に役立つのです。

さらに、肩甲骨に守られた部位には「褐色脂肪細胞」が多く集まっています。
褐色脂肪細胞とは、筋肉と同じ幹細胞から生まれた脂肪様細胞で、「メタボ」の原因である白色脂肪細胞の燃焼を促進する働きがあります。
この褐色脂肪細胞をうまく刺激して活性化すれば、運動した以上に有効なダイエット効果を得られます。
それが肩甲骨ダイエットなのです。




肩甲骨ダイエットはストレッチで!

いつでも取り入れられる、手軽な方法をご紹介します。
すき間タイムで取り入れられるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

・足を肩幅に開いてまっすぐに立ち、体の正面で肘から先を合わせ、出来るだけ高く上げましょう。
背後で手を組む動作をします。色んな角度で行ってみてください。
・ラジオ体操の「腕回し」です。両手を開いてぶんぶん振るだけ。
スペースが少ない場合は肘を曲げて自分の指先を肩に触れさせながら回しましょう。




鍛える場合

ストレッチと合わせて筋力向上のトレーニングを行う際には、肩甲骨を内側に寄せる筋肉をメインに鍛えるといいでしょう。
僧帽筋中部繊維、僧帽筋下部繊維、菱形筋など。
データで見えるダイエット効果よりもすぐに効き目のあるスタイル改善になりますので、お勧めです。

【城野親徳の美容コラム】夏は便秘になりやすい!? 夏の便秘の原因と対策

f:id:shirono-blog:20180810001153j:plain



ニキビや肌トラブルを引き起こす原因の一つに、便秘があります。
便秘になるとどうしても体内に毒素や老廃物が溜まりがちになって、肌にも悪影響が出てしまうのです。

そんなイヤな便秘になってしまう要因が、夏にはたくさんあるってご存知ですか?
夏に便秘になりやすい原因と対策について美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がお伝えします。



原因① 発汗による体内の水分不足

暑い夏は汗をたくさんかくもの。自然と体内の水分が失われてしまいます。
飲食によって摂った水分がどんどん消費されるため、腸内で作られる便の水分量も少なくなってしまいます。
水分の少ない便は硬くなるためスムーズに排便されづらく、便秘の原因になるのです。

こまめな水分補給は、便秘予防にもつながります。
1回コップ一杯程度の水をこまめに飲むようにして、1日合計1.5リットル程度の水を飲むように心掛けましょう。
イカなど水分の多いフルーツを食べるのもお勧めです。




原因② エアコンなどによる身体の冷え

エアコンや冷たいものを食べたり飲んだりすることで、夏の身体は思いのほか冷えています。
胃腸が冷えてしまうと機能が低下し、消化・吸収の働きが悪くなり良い便が作られなくなってしまいます。

身体を冷やしすぎないために、エアコンの風は直接身体に当たらないように調節しましょう。
また、冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎず、温かいものも摂ることを心掛けて。
湯船にじっくりと浸かる入浴で身体を温め、血行を良くするのも良いですね。




原因③ 夏バテによる食欲不振

夏バテで食べる量が減ってしまうと作られる便の量も少なくなります。
少量の便では便意もうまく起こりません。
食欲がないからと食べないとさらにバテてしまうだけでなく、便秘にもつながってしまうのです。

食べやすい麺類などを上手に取り入れてできるだけ食事はしっかりと摂るようにしましょう。

暑い夏は身体にも負担がかかりやすい季節です。
そんな時期に便秘になると、さらに負担が大きくなってしまいます。
夏の便秘の原因を見据えて、しっかりと対策を心掛けていきましょう。

 

【城野親徳の美容コラム】男性向け! 肌質別スキンケア方法

f:id:shirono-blog:20180806230832j:plain



一般的に女性に比べて皮脂の量が多く、肌の水分量が少ない男性は実は女性以上にスキンケアが必要であるといわれています。
しかし男性なら誰でも同じ肌をしているというわけではないため、スキンケアをする場合は肌質に合わせた方法を行うことが大事になってきます。
そこで今回は男性の方達に向けた、肌質別のスキンケア方法について美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介します。



肌のタイプは4種類ある

男性がスキンケアをする場合は、ご自身の肌質に合わせた方法を行っていきましょう。

オイリー肌の場合

顔全体が皮脂膜でベトベトして、テカりがある方はオイリー肌の持ち主です。
ここで男性の皆さんに注意して頂きたいのは「オイリー肌だからといって決して水分が潤っているわけではない」ということ。
それどころか逆に肌の水分不足を補おうとして、皮脂の分泌が活発になってしまっているのです。

そんなオイリー肌の方がスキンケアをする場合は、洗浄力の強い石鹸などで肌をゴシゴシと洗ってはいけません。
皮脂膜の下の肌が乾燥しているため、元々少ない水分が洗い流されて余計ギトギトになってしまうからです。
石鹸や洗顔料を泡立てて優しく洗うようにして、洗顔後は水分を補うために化粧水ローションを必ず付けるようにしましょう。

 

乾燥肌の場合

皮脂量も水分量も少なく、肌がつっぱった感じがするという方は乾燥肌の持ち主です。
乾燥肌の方はニキビや吹き出物などのトラブルは少ないのですが、しっかりとケアをしておかないとしわなどの肌の老化の原因となってしまいます。
刺激の少ない洗顔を選び、洗顔後はローションやクリームなどを肌に塗って水分と油分の両方を補うようにすることが大事です。

 

混合肌の場合

顔の中にベトベトしている部分と乾燥している部分の両方を持っている方は、混合肌の持ち主です。
洗顔についてはオイリーな部分を中心に洗っていき、乾燥している部分はそっと洗うようにしましょう
そして洗顔後は化粧水やローションで水分を補い、さらに乾燥している部分だけにクリームを付けるようにすると良いでしょう。




また、これらのどれにも当てはまらない方は特に問題が無い「ノーマル肌」ということになりますが、問題が無いからといって安心はできません。
季節や年齢によって肌の状態は少しずつ変化していくため、変化を感じたらそれに合わせたスキンケアをしていく必要があるのです。
自分の肌質が変化した場合は、それに合わせてスキンケア方法も変えていくようにしましょう。

【城野親徳の美容コラム】 30代女性が痩せない原因&痩せ体質を手に入れる方法

f:id:shirono-blog:20180802224646j:plain



30代の皆さん、「20代の頃に比べると太りやすくなった、痩せにくくなった」と感じていませんか?
実はその変化には30代特有の原因があり、それに対処する方法もあります。
どうすれば痩せやすい状態に戻れるのか、痩せない原因と共に詳しく美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介します。



30代女性が痩せない原因とは?

基礎代謝が落ちる

基礎代謝とは、特別な運動をしなくても、呼吸をしているだけで消費されるエネルギーのこと。
しかしこの基礎代謝は、年齢を重ねるごとに低下していきます。
体内の筋肉量が減ることで代謝が下がり、太りやすくなってしまうのです。

 

食べる量が増える

結婚して子供が生まれると、一緒におやつを食べたり、子供の残したものを食べたりする機会が増えるもの。
総合的にカロリーの摂り過ぎになり、痩せることが難しくなります。
また、主婦になったり出産を経験したりと、生活環境が大幅に変わることが食べる量が増える原因になることも。
今まで「食べずにいた時間」に食事をしたり、隙間時間ができたりすることでなんとなく食べ物を口に運んでしまうことも原因になるのです。

 

ストレスが増える

仕事での昇進、結婚、出産など、現代の30代は環境がガラリと変わる節目を迎える人も多いようです。
今までと生活環境が変わったり、抱えるものが増えたりするストレスで、食事に走ってしまう人も少なくありません。
また、ストレスは自律神経の乱れを招くので、場合によっては代謝の悪化や偏食などを招くこともあります。



30代が「痩せやすい体」をつくるには?

自宅筋トレで筋肉をつける

基礎代謝の低下を食い止めるためには、筋肉をつけることが重要です。
だからといって、トレーニングジムに通う必要はありません。
自宅でスクワットや腕立て伏せをするだけでも、十分に筋肉量を増やすトレーニングになります。
最初は少ない回数から始めて、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。

 

できるだけ歩く

歩くという行為は想像以上に筋肉を使い、さらに脂肪を燃焼する効果があります。
忙しくても1駅分歩いたり、階段を使ったりするなどして、こまめに歩くようにしましょう。
「ウォーキングを20分しなきゃ」と気張らなくても少しずつエネルギーを消費することで、痩せやすい身体を作ることができますよ。

 

カロリーよりも栄養バランスを重視する

効率よく痩せるためには、身体の代謝を維持するビタミンやミネラルを十分に摂る必要があります。
痩せたいからといって野菜ばかりを食べるのではなく、ビタミンやミネラルの豊富な肉類や魚介類も食べるようにしましょう。
また、糖質・脂質を控えめにすることも大切です。炭水化物の主食は控えめにする分、低脂肪のおかずを多めにして、低糖質・低脂肪・高タンパク質な食事を心掛けましょう。



20代のころのような若々しい体をキープするためにも、「痩せやすい体具作り」は女性の永遠のテーマです。
輝く30代で居続けるために、しっかりとボディケアを行ってくださいね!

【城野親徳の美容コラム】 夏の快眠のために避けるべきNG習慣とは!?

f:id:shirono-blog:20180731141622j:plain



夏は寝苦しく、寝不足になりやすい季節です。
そのため、みなさんは夏に気持ち良く寝るためにさまざまな工夫をしていると思いますが、中には間違った方法をしている方もいるかもしれません。
今回はそんな夏の睡眠時におけるNG習慣について 美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳が紹介します。



夏の快眠のためにやってはいけないこと

風鈴を飾る

夏の風物詩の1つである風鈴ですが、風鈴の音は睡眠時に悪影響を与えてしまいます。
快眠の邪魔にならない音量はだいたい40デシベルまでといわれているのに対し、風鈴の音量は約65デシベルもあるため、寝ながら聞く音量としては大きすぎるのです。
そのため風鈴は寝室には飾らないようにした方が良いでしょう。

 

朝食を抜く

夏は食欲がわきにくいことから朝食を抜いている方も多いのではないかと思います。
ですが朝食を食べて朝にたんぱく質を摂取しておいた方が、夜に眠気を誘いやすくなります。
また体内時計も整いやすくなるため、夏であっても朝食はとっておいたほうが良いのです。

 

シャワーだけで済ませる

暑いからといって湯船につからずにシャワーだけで済ませてしまうのもNGです。
シャワーだけだとリラックス神経である副交感神経を優位にしにくいからです。
ぬるめでも構いませんので、全身をお湯につからせて体に睡眠の準備をさせるようにしましょう。

 

薄着で寝る

夏になるとつい裸に近い格好で寝てしまう方も多いと思いますが、それもよくありません。
寝ている時にかいた汗は、服を着ていないと蒸発しないまま肌にとどまってしまうので、かえって暑苦しさを感じて寝苦しくなってしまいます。
また、人は寝ている時に思った以上に体温が下がってしまうため、夏風邪の原因にもなりかねません。
夏は綿素材や麻素材といった吸水性の良い素材のパジャマを着用して寝るようにしましょう。

 

扇風機の風を体に直接当てる

寝ている時に扇風機の風を体に直接当てると、体が冷えすぎて体調を崩してしまうことがあります。
また扇風機の風圧によるストレスは思った以上に大きいため、寝たはずなのに体にだるさを感じてしまうことも…
扇風機を使用する際は壁や天井に向けて使うようにしましょう。



睡眠不足は体調を悪くするだけでなく、美容面においても悪影響を与えてしまいます。 夏の健康と美容のために、正しい方法で寝るようにしましょう。

【城野親徳の美容コラム】 正しく効率の良い水分補給で夏の美容と健康を守ろう!

f:id:shirono-blog:20180726225651j:plain



外見の美しさを保つためには、体内の水分量にも気を配る必要があります。
なぜなら体内の水分が不足すると、肌荒れや体調不良を招くきっかけとなるため。
若々しさや美しさを保つために、水分不足の危険性や、正しく効率の良い水分補給方法を美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介します。



水分不足が美容と健康に与える悪影響とは

≪肌トラブルを招く≫

体内の水分が不足すると新陳代謝が低下するため、肌のターンオーバーが低下し、乾燥肌や肌荒れなど、あらゆる肌トラブルを招きやすくなるのです。

 

≪便秘しやすくなる≫

腸内の水分が少なくなると、便が硬くなって排出しにくくなります。
便秘になり、腸内環境も悪くなってしまいます。

 

≪血液がドロドロになる≫

水分が不足すると血液がドロドロになり、血流が悪くなります。
それによって老廃物や疲労が溜まりやすくなり、美容と健康の両方に悪影響を与えてしまいます。
他にも熱中症になる、最悪の場合死に至る危険もあるなど水分不足の悪影響はたくさんあります。

 

正しい水分補給の方法とは

≪水やカフェインレスのお茶を飲む≫

カフェインの入ったコーヒーやお茶は利尿作用があるため、効率の良い水分補給とはなりません。
また、ジュースなど糖分の多い飲み物は血糖値を上げるため、美容と健康のためには控えたほうが◎。
水、またはカフェインレスのお茶で水分を補うようにしましょう。
お茶の場合、ミネラルが含まれる麦茶や甜茶がお勧めです。



≪少しずつこまめに飲む≫

水分を一気に飲むと胃腸に負担を与えてしまいます。
また、胃液が薄まって消化不良を起こすことも。
コップ1杯程度をこまめに飲むようにしましょう。



≪常温の水分を飲む≫

冷たい水は胃腸に刺激を与えるため、内臓機能の低下や下痢を引き起こす恐れがあります。
冷蔵庫でキンキンに冷やした飲み物は控えて、常温のものを飲むようにしましょう。
ただし熱中症になっている時は体を冷やしたほうが良いので、冷たい飲み物で水分を補いましょう。



≪汗をたくさんかいた時は塩分も一緒に摂る≫

汗をたくさんかいた時は、水分と同時にナトリウム(塩分)を補給することが大切です。
さらに糖分も一緒に摂ると、ナトリウムの吸収率をアップさせることができます。
水に塩と砂糖を混ぜて飲んだり、市販のスポーツドリンクや経口補水液を飲むようにしましょう。


健康的な生活を送るためにも、正しい水分補給方法を行ってください。

【城野親徳の美容コラム】 オバサン顔の原因になる「目元の色素沈着」の悪化を防ぐケア方法3つ

f:id:shirono-blog:20180723224600j:plain



目元の皮膚が色素沈着を起こしていると、クマのようなくすみが目立ってオバサン化したような印象になってしまいますよね。
このような目元の色素沈着を改善するには、どんなケアをするのが有効なのでしょうか?
目元ケアを行うときの注意するべきポイントを美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介します。



目元はデリケートなのでピーリングは避けて

色素沈着の改善には、古い角質を取り除くピーリングが有効だといわれています。
しかし、目元は皮膚が薄くて刺激に弱い部分。
ピーリングを行うとかえって症状が悪化したり、肌荒れを起こしてしまったりする恐れがあります。
できるだけピーリングは避けて、刺激の少ないケアで色素沈着の改善を図っていきましょう。



目元の色素沈着のケア方法

メイクやクレンジングの方法を見直す

目元の色素沈着を引き起こす主な原因は、摩擦による刺激です。
メイクやクレンジングの最中に目元を強くこすっていると、皮膚の防御反応が働いてメラニンが増えてしまうのです。
そのため、目元の色素沈着を改善するには、まず普段のメイクやクレンジングの方法を見直す必要があります。
アイシャドウをつけるときはチップやブラシで目元をこすらず、優しくひと塗りで乗せるようにしましょう。
そして、クレンジングをするときは、目元を強くこすらなくても簡単にアイメイクが落ちる専用リムーバーを使用するのがお勧めです。




十分に保湿をする

皮膚が乾燥すると、ターンオーバーが乱れてメラニンが残りやすくなります。
普段から目元も十分に保湿して、ターンオーバーを正常に保っていきましょう。
乾燥対策をするだけでも、目元の透明感を取り戻していけますよ。
保湿にはアイクリームなどの目元専用の化粧品を使うことをお勧めします。
また、アイクリームを塗るときは、皮膚を刺激しないよう優しく行うことを心掛けてください。
力の入りにくい薬指で塗ると、優しくケアすることができます。



ビタミンを補給する

ビタミンA・B群・C・Eは、いずれも肌の新陳代謝を促す働きがあります。
毎日の食事には、ビタミン類を含む食品を積極的に取り入れて、体の内側から透明感のある肌を育てていきましょう。
また、ビタミン類はサプリメントで補給することできます。
食事で補えなかった分をサプリメントで上手に補給して、栄養バランスを整えましょう。



一度できてしまった目元の色素沈着は、1日で改善するようなものではありません。
今回ご紹介したケアをコツコツ積み重ねて、少しずつ明るい目元ゲットを目指していきましょう。