シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】肌を老化から守るために押さえておきたい「抗糖化」ケア

f:id:shirono-blog:20180420012713j:plain



年齢を重ねるにつれ気になって来る肌のたるみやくすみ。
肌を支えるコラーゲンの量や質が低下することで、肌の弾力性が失われることが主な原因です。

弾力性のある美しい肌を保つためには、コラーゲン生成に必要となる栄養素をしっかりと摂ったり、コラーゲンにダメージを与える活性酸素を抑えるために抗酸化力のある成分を摂ったりするのが有効だと考えられています。
さらに、こうしたケアに加え最近では「抗糖化」が重要であるということがわかってきました。

美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳が、肌の糖化についてお伝えします。




肌を老けさせる「AGEs」とは

活性酸素が体内を酸化させることを表現するのに「錆びる」という表現がよく用いられますね。
これに対して、体内が「焦げる」とも言える現象が「糖化」です。
血液中のブドウ糖が過剰になると、体内のたんぱく質に糖が結びつき、体温によって加熱されることで「AGEs(終末糖化産物)」と呼ばれる老化の原因物質が作られます。

AGEsは、さまざまな病気や老化現象の原因となると考えられています。
肌に対する影響も大きく、くすみやたるみ、黄ばみ、ハリのなさなどの原因となります。




お肌の老化を防ぐ抗糖化ケア

従来からエイジングケアに重要であると言われてきた、コラーゲン生成に必要な栄養成分や抗酸化物質の摂取に加えて、AGEsが体内に増えることを防ぐ「抗糖化」ケアも肌を守るために意識しましょう。



甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意

AGEsは、血液中の糖が増えることで増えます。
糖質を含む食品の摂り過ぎには注意しましょう。



血糖値を急激に上げない食べ方を意識する

食事の際は、野菜や海藻などの食物繊維を含む食品を最初に食べることで血糖値の上昇が緩やかになります。



糖化した食品の摂り過ぎにも注意

AGEsは体内で作られるだけでなく、調理する過程でも発生します。
たんぱく質を加熱するとこんがりと茶色に色づくのはまさに「糖化」です。
こうした食品にはAGEsが含まれ、それを食べることでも体内のAGEsは増えてしまいます。
特に加工食品にはAGEsが多く含まれるため、加工食品の摂り過ぎにも注意が必要です。




こうした食事を意識するとともに、食後に軽い運動をすることで血糖値の上昇をゆるやかにするのもお勧めです。

美しい肌に欠かせないコラーゲンはたんぱく質です。
糖化を防ぐケアを心掛けて美肌を守っていきましょう。



【城野親徳の美容コラム】環境の変化も原因に! ストレスで春ニキビができるメカニズム

f:id:shirono-blog:20180417000339j:plain



「毎年、春になるとニキビができてしまう」という方はいらっしゃいませんか?

特にニキビ肌というわけでなくても、春になると肌の調子が狂ったりニキビができたりしてしまう方は多いものです。

春にニキビができやすくなる理由には、花粉やほこりなど外的刺激の影響もありますが、意外と大きな原因となるのが環境の変化などに伴う精神的ストレスです。
美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳 が、精神的ストレスでニキビができる理由についてお伝えします。




ストレスが春のニキビの原因に!

新年度がスタートする春は、就職や進学、人事異動などで環境や生活パターンが大きく変化する方が多い季節です。

こうした環境の変化というのは、誰にとっても多かれ少なかれストレスとなります。
自分ではストレスを感じているという意識がなくても、実は精神的な負担となっている場合も多いものです。

私たちの身体は、ストレス感じると男性ホルモン「アンドロゲン」や、神経を興奮させるホルモン「ノルアドレナリンなどの分泌が増えます。
これらの分泌量が増加すると皮脂の分泌が過剰に促され、毛穴を詰まらせニキビの原因となってしまうのです。

口の周りやあご、フェイスラインなどの男性のひげが生える箇所にできるニキビは、女性の場合でも、ストレスによる男性ホルモンの増加が原因かもしれません。




春ニキビの予防・改善方法は?

春のニキビ対策には、洗顔できちんと汚れを落とすことや保湿・紫外線対策などのスキンケアも重要ですが、ストレスと上手に付き合うことも大切なポイントとなります。

新生活でストレスがどうしても多くなりがちな時期なので、なるべくリラックスできる時間を作るようにしましょう。

ゆったりとお風呂に浸かったり、アロマテラピーや音楽などでリラックスすることで自律神経のバランスが整い、ストレスに強くなります。

また、質の良い睡眠を取ることも大切です。
良い睡眠がストレス対策になるのはもちろんですし、肌のターンオーバーを整えることでニキビの予防・改善にも役立ちます。




ストレスを感じがちな春。ニキビができたことがさらなるストレスにつながったりしないように、できるだけ肌に優しい生活を心掛けましょう。



【城野親徳の美容コラム】旬の「春キャベツ」には女性に嬉しい効果がいっぱい!

f:id:shirono-blog:20180413012906j:plain

 



甘みがあって、生でも炒めても煮てもおいしい「キャベツ」は、食卓に欠かせない身近な野菜の一つですね。

一年中手に入りやすいキャベツの旬は、実は品種によって冬・春・夏とさまざま。
その中でも春に旬を迎えるものは「春キャベツ」と呼ばれ、まさに今が旬の時期。

春キャベツは色が淡く、葉がみずみずしくやわらかいのが特徴です。
キャベツの中でも最も生食に向いているとも言われます。

そんな春キャベツには、女性に嬉しい効果がいっぱいあるんですよ。




肌のハリと白さの強い味方、ビタミンCがたっぷり!

春キャベツには美肌に欠かせない「ビタミンC」がたっぷりと含まれています。
その含有量の多さは、キャベツの葉3枚程度で1日に必要なビタミンCの量が足りてしまうほど。

ビタミンCは、メラニンを作る酵素チロシナーゼ」の働きを阻害してメラニンの生成を抑える働きがあるだけでなく、できてしまったメラニン色素を還元する作用もあります。
このためシミやそばかすを予防したり、改善したりすることに役立ちます。

また、肌のハリを保つコラーゲンが体の中で作られる時にも、ビタミンCは欠かせません。
キャベツでしっかりとビタミンCを摂ることで、やわらかく弾力のある肌を保つことにもつながるのです。



ほかにもいろいろ! 春キャベツの美容効果

胃腸を整える

キャベツに含まれる「ビタミンU」には胃腸の粘膜を保護する働きがあります。
また、食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境を整え、お通じを良くする効果も。
便秘によるニキビや肌荒れの予防・改善にも役立ちますね。



女性ホルモンの分泌を高める

キャベツに含まれる「ボロン」という成分に、バストアップ効果があるという話を聞いたことのある方も多いかと思います。

ボロンには、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活性化する働きがあります。
エストロゲン女性らしい体つきや、肌や髪のつやを保つために欠かせないホルモン。
春キャベツを食べることで美肌になれる理由は、ホルモン分泌にもあったのです。



ビタミンCやボロンは水に溶けやすいため、加熱調理するよりも生で食べることで効果的に摂取することができます。
みずみずしくやわらかい春キャベツは生で食べるのにぴったりなので、旬の今、たっぷりと食べて美容に役立ててくださいね。



【城野親徳の美容コラム】春の夜は特に注意! イビキの原因と花粉症の関係

f:id:shirono-blog:20180410012310j:plain



気温も暖かくなり過ごしやすい春ですが、花粉症で辛い鼻炎に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
この花粉症、実はイビキと深い関係があり注意が必要な場合もあるのです。

イビキをかいてしまう原因や、花粉症とイビキの関係について美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がご紹介します。




イビキをかいてしまう原因とは?

イビキをかく原因はさまざまですが、主に「飲酒」「肥満」「疲れ」「ストレス」「小顔」「鼻炎」「仰向けで寝る姿勢」などといわれています。
このなかでも特に注意したいのが、飲酒と肥満です。
飲酒は喉の筋肉を緩めるため、鼻から咽頭の通り道である上気道が狭くなり、鼻づまりを起こします。
鼻づまりが起こると口呼吸になりやすくなるため、イビキが起こりやすくなるのです。

一方で、肥満により舌の奥や喉に脂肪がたまるのも、イビキが起こる原因のひとつ。
ダイエット成功後にイビキが無くなったというケースも少なくありません。

また、若い頃の女性は女性ホルモンが上気道を開く働きをサポートしてくれるため、イビキは少ないといわれていますが、閉経後に女性ホルモンが低下すると男性と同じようにイビキをかきやすくなってしまいます。




花粉症とイビキの関係

花粉症がイビキを引き起こす原因は、鼻づまりにあります。
鼻粘膜の炎症のために鼻腔が狭くなるので空気が通らず、口呼吸が多くなるためイビキが起こります。
この時期にだけイビキが酷くなるという人も少なくありません。




花粉症によるイビキの対症療法

たかがイビキと軽く考えてしまう人は多いですが、悪化すると睡眠時無呼吸症候群などになってしまう恐れも。
花粉症によるイビキを改善するためには、花粉症の症状を軽くすることが大切です。

ヒスタミン薬・ステロイド薬・抗アレルギー薬などの内服薬を服用するのも良いですが、最近は鼻の中のレーザー手術で花粉症治療を行なう人も増えてきています。

またマスクをして眠る方法も◎。花粉やハウスダストなどの対策にもなりますし、乾燥予防効果も期待できるでしょう。




花粉症の影響により春の季節にだけイビキをかいてしまう人は、イビキの原因となる要因を減らしたり対症療法を行ったりなどの対策を取り入れてイビキを改善していきましょう。



【城野親徳の美容コラム】 春の「ゆらぎ肌」の原因とスキンケアのポイントは?

f:id:shirono-blog:20180406000651j:plain



ポカポカ陽気が続いたと思ったら、急に冬に逆戻りしたように冷え込んだりと、春は天候が変わりやすく寒暖の差も起こりやすい季節ですね。

こんな季節は体調を崩しやすかったり、気分も浮き沈みしやすかったりと心身にプチ不調が起きやすいもの。
お肌も例外ではなく、春先はいつものスキンケアが肌に合わなくなったり、原因不明の肌荒れが生じたりと、お肌が不安定な状態になる方が多く見られます。

今回は、そんな春の「ゆらぎ肌」の原因と対策について、美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳がお伝えします。




春の肌がゆらぎやすい理由

冬の間、乾燥にさらされた肌にとって、春の寒暖差は想像以上に負担が大きいものです。
気温の変化にうまく対応できず、普段よりも刺激に弱い状態に陥りがち。

また、気温が上がることによって皮脂の分泌が盛んになることに加え、春風によって花粉やほこりが肌に付着するため毛穴が詰まりやすくなることもニキビなどの原因となります。

こうした要因に加え、春は新生活のために環境が変化する方も多いもの。
この時期はストレスなどによって自律神経やホルモンバランスが崩れがちです。
そうすると肌のターンオーバーが乱れ、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。




春の「ゆらぎ肌」対策のポイントは?

春先のスキンケアで最重視すべきなのは、何と言っても「保湿」です。
寒い冬に比べて乾燥もやわらいだように感じるかもしれませんが、春はまだまだ空気が乾燥しています。
強い風にさらされることも多いため、肌の水分も奪われがちです。

スキンケアにはアミノ酸セラミドなど、保湿成分を含む化粧水や美容液を使って、潤い肌を保つようにしましょう。
手のひらで温めて肌にしっかりと浸透させるように意識して!
シートマスクなどで潤い成分を補給するのもお勧めです。

また、春は紫外線量が急増する時期でもあります。
保湿に加えて、日中はUV対策もお忘れなく。




肌が不安定になりがちな時期こそ、いつもよりさらに丁寧なスキンケアで肌をいたわってあげてくださいね。



【城野親徳の美容コラム】春先は便秘になりやすい!? 腸内環境を整えるポイント

f:id:shirono-blog:20180402232915j:plain



普段は胃腸が丈夫でも、気候や環境の変化がめまぐるしい春には便秘がちになってしまうという方が多いものです。
便秘が続くとニキビや肌荒れ、くすみなど肌にもさまざまな悪影響が生じてしまいます。


美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳が、春先に便秘が起こりやすい理由と、便秘対策のために心掛けたいことなどについてお伝えします。



春先の便秘は自律神経の乱れが原因!?

春先に便秘が起こりやすい原因の一つとして考えられるのは、自律神経のバランスが乱れることです。

自律神経は体温調整を担っているため、気温や気候の変化が激しい春先は変化に対応しきれず、うまく働かなくなってしまうことも多いものです。
このため、春先には便秘に限らず、頭痛や腹痛などのプチ不調が起きやすいと言えます。

気候や気温だけではなく、新生活で環境や生活リズムが大きく変化することが多い時期でもあります。
こうした生活の変化のストレスも自律神経のバランスを崩し、便秘を引き起こす原因になると考えられます。




春の便秘を解消するポイント

春先に起こりやすい便秘を解消するためには、以下のようなポイントを意識してみましょう。



生活のリズムを作る

毎日の食事の時間や就寝の時間が不規則だと身体のリズムが乱れ、自律神経のバランスも崩れやすくなります。
食事や就寝の時間は、なるべく規則正しくすることを心掛けましょう。



お腹の冷えを避ける

だんだん暖かくなってくる春は、薄着で出かけることも増えるもの。
でもお腹を冷やしてしまうと腸の働きが悪くなり、便秘しやすくなってしまいます。
春物の服を楽しむ場合も、なるべくお腹は冷やさないように気をつけて!



できるだけ身体を動かす

春先の便秘に限ったことではありませんが、身体を動かすことが少ない生活は腸の働きを弱め、便秘の原因になります。
暖かくなってくる時期ですし、積極的に外に出かけたり軽い運動を毎日の生活に取り入れたりすることをお勧めします。




これらのポイントに加えて、発酵食品や食物繊維を含む野菜・海藻類などをできるだけ取り入れた栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。
快適なお通じで、トラブルのない美肌を目指しましょう。



【城野親徳の美容コラム】冷え性卒業!春から始める温活

f:id:shirono-blog:20180329234310j:plain



冷え性は手足が冷たくなるだけでなく、体内の循環機能にも影響を与えるためさまざまな症状を引き起こします。
冬に注目されることが多い冷え性ですが、暖かくなる春にも注意が必要です。

今回は、春の温活について 美容皮膚科 シロノクリニック城野親徳 が詳しくご紹介します。




温活とは?

「温活」とは日常的に体を冷やさないようにし、体を内側から温めていくことです。
体温を上げ、体が本来持っている機能を十分に働かせることで健康になることができます。
体を温めると冷え性の改善や女性ホルモンの正常な分泌などのメリットも得られる上、基礎代謝が向上することでダイエット効果も期待できます




春に温活を始めると良い理由

寒い冬は冷えやすいので体が自ら熱を作ろうと働きますが、暖かくなると熱を生み出さなくなるため春は体が冷えやすくなります。
また季節の変わり目は肌荒れや自律神経の乱れ、睡眠リズムの変化など体調が不安定になりやすく体の不調を感じる女性は多くいます。
冷え性や体調の変化は放っておくと悪化する可能性があるため、不調を感じる前に温活を始めるといいでしょう。




体の外側・内側から温活

 

体を外側から温める方法

寒い冬はカイロを使用したり、保温機能に優れたインナーを着たりなど冷え性対策を行う方が多いですが、春も同じように体を温めることが大切です。

特にお腹周りを温めると全身の血行を良くすることができるので、春でもインナーを着たりカイロを貼ったりして冷やさないようにしましょう。
春は気候が不安定で朝・晩・日中の寒暖差も大きいため、ストールを常備しておくのもお勧めです。
暖かくなってくると入浴をシャワーだけで済ませる方もいますが、体を冷やす原因になるので入浴はぬるめの湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。



体の内側から温める方法

温活では温かい飲み物や食べ物が基本です。
生野菜も体を冷やす効果があるため、できるだけ温野菜を摂るようにしましょう。
体を温める作用がある「温性」の食べ物といわれる生姜や葱、しその葉なども温活にぴったりです。
その他、寒い土地でとれる人参やゴボウといった食材も体を温める作用があります。


体を内側から温めるなら運動も効果的です。
ウォーキングといった有酸素運動だけでなく、エスカレーターよりも階段を使ったり、指を揉んだりといった日常生活のなかで行える運動でも効果が期待できます。


寒さが和らいでくる春こそ温活の始めどきです。冬に抱えていた不調をリセットして温かい体で春をスタートしましょう。