シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】目立つ場所にある顔のホクロを隠す「メイク術」

f:id:shirono-blog:20181015222142j:plain



頬や口元など、目立つ部分にあるホクロ。
個性をチャーミングにアピールすることも可能ですが、できればメイクで目立たないようにしたいという場合もありますよね。
そんなときに使えるホクロを隠すために効果的なメイクのコツをシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



1.コンシーラーでホクロの色味をカバー

コンシーラーは、目の下のくまや目立つ場所にできてしまったシミ、くすみなどをカバーするために使えるアイテムです。
ただ、さまざまな色味があるため、どんなカラーを選択したらいいか迷ってしまう人もいるかもしれません。
ホクロを上手にカバーするためには肌の色よりも暗いトーンのカラーを選びましょう。
色味が明るすぎたり、肌の色に近すぎると浮いてしまったり不自然な仕上がりになる場合があります。

そしてコンシーラーにはペンタイプやスティックタイプなどの種類がありますが、ホクロを隠すためにはリキッドタイプがお勧めです。
指先やブラシにとって、ホクロの部分だけに重ねましょう。
塗り広げると目立ってしまうため、ホクロの上に置くようなイメージで重ねることがポイント。
平坦なホクロの場合にはコンシーラー使いだけでも目立たなくなる場合が多いですが、盛り上がったホクロの場合は、外科手術後の傷をカバーする際に使用されるファンデーションテープや、タトゥーを隠す用のテープを小さくカットして利用すると便利です。
テープとホクロ部分の境界を目立たせないようにスポンジパフを使ってファンデーションでなじませると良いでしょう。



2.リキッドファンデーションをなじませる

コンシーラーでホクロの色味を調整したら、リキッドファンデーションで肌の色となじませましょう。
バー力が強く、保湿成分が配合された乾燥に強いタイプがお勧めです。
ただ厚く塗り重ねてしまうと、一見うまくカバーできたように見えますが、その分はがれ落ちやすくなり、ひび割れて目立つ状態になりやすいことが予想されます。
清潔なスポンジパフを使用して、塗りムラができないように薄く重ねてください。



3.フェイスパウダーを重ねる

最後の仕上げに、カバー力が高いパウダーを重ねます。
時間の経過とともに分泌してくる皮脂をおさえて化粧崩れを防ぎ、メイクの効果を長持ちさせてくれます。
たとえば、顔面に受ける光を拡散して、くすみをカバーしてくれるタイプのものを使用すると、顔色を明るく見せてくれる効果が期待できます。


コツを掴めば、メイクでも簡単にホクロを隠すことができるのです。
ぜひ参考にしてみてください。



【城野親徳の美容コラム】今すぐできる! 魅惑的なぷっくり唇を作る3つの方法

f:id:shirono-blog:20181011230650j:plain



唇が薄いことがコンプレックスな女性は意外と多いもの。
しかしマッサージやメイクを駆使すれば、今すぐにでもぷっくりとした魅惑的な唇を手に入れることができます。
どのような方法が有効なのか、手順を含めてシロノクリニック総院長 城野親徳が詳しくご紹介します。



ぷっくり唇を作る3つの方法

1. 唇のマッサージ

唇のマッサージをすることで血行が良くなり、血色の良いぷっくりとした唇を作ることができます。
お風呂でのリラックスタイムや就寝前に取り入れて、理想的な唇を作り出しましょう。

1. 唇全体にワセリンや唇専用の美容液をたっぷりと塗る
2. 上唇の中央から口角に向かって、指を使いくるくると円を描きながらマッサージをする
3. 下唇も同じように中央から口角に向かってマッサージをする
4. 口角までマッサージしたら、もう一度下唇の中央に向かって指を滑らせる
5. 人差し指と親指で唇全体をつまんだり伸ばしたりして、口の周りのストレッチを行う
6. 唇全体がポカポカと温まったらマッサージ完了
※唇はデリケートなので、マッサージやストレッチは優しく丁寧に行いましょう。



2. 投げキッスエクササイズ

男性が思わずキスをしたくなるような、ぷっくりとしたセクシー唇を目指すのなら「投げキッスエクササイズ」がお勧め。
口周りの筋肉が鍛えられて、ぷるんと愛らしい唇になりますよ。

1. 唇にワセリンやリップクリームを塗る
2. 唇をすぼめて、手のひらを押し付ける
3. 投げキッスをするイメージで手を離しながら「チュッ」と唇を前に突き出す
4. 2~3の動作を10~15回繰り返す



3. オーバーリップメイク

今すぐボリューミーな唇に変身したい! という方には、普段のリップメイクに一工夫加えるのがオススメです。
誰でも簡単にできるので、ちょっとしたイメチェンにもピッタリですよ。
芸能人のようなぷっくりリップになれるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

1. パウダーファンデーションを唇に薄く塗って、輪郭をぼかす
※パフにパウダーファンデーションを少量つけて、ポンポンと優しく馴染ませましょう。
2. リップライナーを使って、唇の輪郭を本来の唇よりやや大きめに描く
※口角の位置は変えずに、唇の上下だけを1~2ミリ大きく描くのがポイントです。
3. 2で描いたリップラインの内側を埋めるように、口紅やグロスを塗る
4. 唇の中央に白いハイライトパウダー(アイシャドウでもOK)を指で少し乗せる

ぷっくりとボリューミーな唇は、セクシーな色気と女性らしい品を生み出してくれます。
マッサージとエクササイズ、メイクの3つをマスターして、魅力的な唇を目指しましょう!



【城野親徳の美容コラム】秋になると「敏感肌」なる人が増える!?

f:id:shirono-blog:20181008231849j:plain



秋に入ると「秋という季節に合わせたスキンケア」をしていく必要があります。
特に秋から冬の季節にかけて注意していただきたいのが「敏感肌」です。
実は秋になると肌が急に敏感肌になってしまう人がいるというのですが、それはなぜなのでしょうか?
シロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



そもそも敏感肌とは?

敏感肌という言葉は医学的に定義された用語ではないのですが、一般的には「化粧品や金属類、洗剤などの物質に過敏に反応して、赤くなったり肌トラブルが起こったりしやすくなった肌」のことを総称して敏感肌と呼んでいます。
また敏感肌には明確な定義がないことから、人によって原因や症状の内容も異なってきます。
一方で敏感肌になった人の共通点としては「健康な人の肌に比べて、外部刺激から肌を保護するバリア機能が低下して肌が本来の機能を果たせなくなっている」という点が挙げられます。



秋に敏感肌になる人が増える理由

秋になると敏感肌になる人が増えるのは「気温や湿度が急激に変化することで皮脂の分泌量が減少して、肌のバリア機能が低下してしまうから」であるといわれています。
実は夏は気温と湿度の両方が高いことから体温を逃がしやすくて代謝にも良いため、どちらかといえば肌にとっては良い季節であるといえます。
しかし秋から冬にかけてはだんだん気温が下がって空気が乾燥していきます。
肌はそれに合わせて水分や体温を逃がさないように変化していくため、その過程で肌の調子が悪くなって敏感肌になる人が多く出てきてしまうのです。
そのため秋の内に正しいスキンケアをしておかないと、冬にはさらなる肌荒れを引き起こしてしまうかもしれないのです。



秋の敏感肌を防止する方法

秋が深まっていくにつれて、肌は少しずつ皮脂分泌量が低下したり乾燥しやすくなっていくため、敏感肌にならないためにはその変化に合わせたスキンケア方法をしていくことが大切です。
そこで洗顔料は夏に使っていたものより洗浄力の弱いものに替える」「洗顔に掛ける時間を少し短くする」「化粧品は刺激や負担が強くないものを選ぶ」というように、夏と違ったスキンケアをすることで肌にダメージを与えないようにしていきましょう。

肌の状態は季節の変化に合わせて少しずつ変わっています。
それぞれの季節に合ったスキンケア方法を実践することで、一年中キレイな肌をキープしていってくださいね。



【城野親徳の美容コラム】意外と見落としがちな“リップメイク”の落とし方

f:id:shirono-blog:20181004231134j:plain



洗顔前にクレンジングを行うとき、アイメイクやベースメイクばかりが中心になっていませんか?
もちろん、重ね塗りしたマスカラやウォータープルーフのファンデーションなどは念入りに落とす必要がありますが、それと同じくらい重視すべきなのがリップメイクの落とし方です。
女性の魅力を映し出す唇は、とてもデリケートなパーツ。
美しい唇をキープするためにも、正しいリップメイクの落とし方とケア方法をシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



リップメイクをキレイに落とさないとどうなる?

口紅はメイクの仕上げに欠かせないアイテムですが、最近の口紅は食事をしても色が落ちない強力なものが増えています。
落ちにくい口紅はメイク直しも少なくすみ大変便利ですが、メイク落としの際には曲者に変身します。
落ちにくい口紅は一般的なクレンジング剤では落ちにくく、唇に色が残ってしまう可能性があるのです。
そして、落ちないからといってゴシゴシと強くこすると、唇の皮がむけたり出血したりと、大きなダメージを与えてしまいます。
これが続くと唇が黒ずんだように色素沈着を起こすこともあり、お気に入りの口紅を塗ってもキレイに発色しないというトラブルにもつながるため注意が必要です。



正しいリップメイクの落とし方とは

専用リムーバーを使用する

落ちにくいリップメイクのキレイな落とし方のポイントになるのが、口紅専用のリムーバーを使用すること。
専用のリムーバーを使用することでスルっと気持ちよく落とすことができます。
何度もこすらなくてもOKなので、唇へのダメージも防止することができます。
専用リムーバーをたっぷりとコットンに含ませ、下唇から上唇の順で口紅が落ちるまで優しく拭き取っていきましょう。
汚れたコットンは何度も使用せずに、1回1回新しいものに変えるのがポイントです。



落とすときには唇の周辺に広げない

リップメイクを落とすときには、唇の上だけで落とすように心掛けるのも大切なポイント。
唇の周りに広げてしまうと、肌に色素沈着を起こしたりすすぎ残したりする可能性があります。
他の部分への口紅の広がりを防ぐためにも、クレンジングは短時間で済ませることを心掛け、ぬるま湯でしっかりと洗い流してその後の洗顔も丁寧に行いましょう。



アイメイクやチークは普段と同じでも、リップメイクを少し変えるだけで顔の印象が決まるもの。
それほどリップメイクは女性にとって重要なものです。
しかし、それは美しい唇があってこその話。
毎日のメイク落としを丁寧に行って、美しい唇をキープしていきましょう。



f:id:shirono-blog:20181002005252j:plain



秋は1年のうちでも一番抜け毛が多くなる時期だというのをご存知でしょうか?
それは夏に受けた紫外線や汗、皮脂の影響が表に出てくるためです。
また一説には、動物が冬に向けて毛が生え変わることの名残だという話もあります。
脱毛症が秋に起こっただけなのか、自然現象なのかという判断はこのタイミングではできないため、抜け毛を増やさない工夫が必要です。
抜け毛減らすためにはどのような対策が好ましいか、美髪を保つ方法についてシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



夏はずっとストレスを受けている

どんなに紫外線対策をしていても、紫外線の影響を完全に避けることはできません。
さらに、外に出れば汗もかき、皮脂が溜まり、室内ではエアコンの効いた部屋に長時間いるなど、苛刻な環境にさらされています。
そんな夏を終えても、頭皮には疲れや汚れが残っているかもしれません。
そんな状態で秋を迎えては、髪が乾燥してパサパサになってしまい抜け落ちてしまうのも仕方ありません。



秋に行う抜け毛対策

人間の髪は1日に50~100本くらい抜けるのが普通です。
それが秋になると、200本近くにまで増えることもあります。
しかしこれは個人差があり、何本抜けたから薄毛になるという判断はできません。
判断が難しいため、抜け毛対策は気を抜かずに続けるようにしましょう。



シャンプー

①髪の毛を洗う前に軽くブラッシングし汚れを浮かします
②シャワーのぬるま湯で地肌を洗います
③シャンプーで洗います(湯船につかり体が温まって毛穴が開いている状態だと、より効果的でしょう)
④しっかり洗い流します(力を入れず、汚れを浮かして流す感覚が好ましいでしょう)
⑤リンスをして、きれいに洗い流します
⑥お風呂から出たら髪を乾かしましょう

髪が濡れたままでいるのは、頭皮が蒸れる時間が長引いてしまい雑菌が繁殖しやすくなるため止めましょう。



運動をする

秋は運動の季節。運動は髪にも良い影響があります。
運動すると、筋肉の緊張が和らぎ頭皮への血流がよくなります。
血流がよくなると、毛根への栄養供給が改善されるため髪質も改善されるでしょう。
運動は毎日続けることが大事で、ハードなものじゃなくても大丈夫です。
ウォーキングやストレッチ、ヨガ、ラジオ体操など気軽にできるものがお勧めです。



必須アミノ酸を摂る

髪は主にたんぱく質でできており、たんぱく質アミノ酸から合成されます。
髪にはアミノ酸が重要なのです。
しかし数あるアミノ酸のうち、必須アミノ酸は体内で合成することができません。
そのため食事で摂ることが必要なのです。
アミノ酸は全種バランス良く摂らないと活用されないため、バランスの良い食事が大切です。
アミノ酸を摂るには鶏卵、豚肉、牛肉、鮭、牛乳などがお勧めです。


秋は抜け毛が増える時期であり、これからの季節さらに乾燥してくることを考えると、この時期に髪のケアをすることは大切です。
髪に良い食事と運動を組み合わせて、美髪をキープすることを目指しましょう。

【城野親徳の美容コラム】ダイエットに効果的なエッセンシャルオイル3選

f:id:shirono-blog:20180928001006j:plain



“○○ダイエット”“○○をするだけで痩せる”というダイエット方法はたくさんありますが、「どれを試しても続かない……」という方も多いのではないでしょうか。
そんな面倒くさがりの方にお勧めしたいのが、エッセンシャルオイルを使ったダイエット方法。
心地よい香りに包まれながら行えるので、ダイエット効果だけでなくリラックスやリフレッシュなどの効果も期待できます。
メリットたくさんのエッセンシャルオイルを使用して、憧れのスリムボディをゲットしましょう。
今回は、ダイエットにお勧めのエッセンシャルオイル3つと効果的な使い方をシロノクリニック総院長 城野親徳がご紹介します。



香りを嗅ぐだけでOK!?「グレープフルーツ」

柑橘系の爽やかな香りが魅力的なグレープフルーツのエッセンシャルオイルには、交感神経を活性化させて脂肪の燃焼を促すという効果が期待できます。
香りを嗅ぐだけでOKなので、「運動が続かない」「食事制限がつらい」というダイエットが苦手な方にもぴったり!
お湯をはったマグカップエッセンシャルオイルを数滴垂らすと、湯気とともにふわっと香りが漂って、簡単にエッセンシャルオイルを楽しむことができます。
また、より高い効果を期待するためには、香りを嗅ぎながら家で簡単にできるストレッチなどを行いましょう。



脂肪を分解して理想ボディへ!「ローズマリー

たくさんあるエッセンシャルオイルの中でも、とくにダイエット効果が高いとして知られているのが、ローズマリーエッセンシャルオイルです。
ローズマリーといえば肉料理や魚料理、紅茶などで大活躍のハーブ。
実はこのエッセンシャルオイルを嗅ぐだけでアドレナリンが誘発され、リパーゼという酵素が活性化することで脂肪分解を促してくれるのです。
食前の時間や寝る前のタイミングに香りをかいで、ダイエット効果を高めましょう。



マッサージ時に使いたい「ジュニパー」

デトックスやむくみなどに効果が期待できるといわれているジュニパーは、リンパマッサージやフットマッサージにお勧めです。
ダイエットを成功させるためには、食事制限や運動も大切ですが体の余分な水分を排出させることも重要なのです。
マッサージに使用するときには、キャリアオイルとして使用できるホホバオイルなどにジュニパーを数滴混ぜ合わせて使います。
リンパを流すように意識するのがポイントです。

エッセンシャルオイルを使うことで、いい香りに包まれながらダイエットをすることができるため一石二鳥!
気分よくオシャレに理想の体型を目指すことができます。
日常にエッセンシャルオイルを取り入れて、ダイエットにつなげていきましょう。

【城野親徳の美容コラム】根元で分かる! 薄毛につながる危険な抜け毛の見分け方

f:id:shirono-blog:20180924225528j:plain



抜け毛というと、男性が悩まされるトラブルといったイメージがありますよね。
しかし意外にも、抜け毛に悩まされている女性は決して少なくありません。
中には、放っておくと薄毛につながってしまう抜け毛もあるため注意が必要です。
今回は、自分の頭皮状態を知るために覚えておきたい“危険な抜け毛の見分け方”について、シロノクリニック総院長 城野親徳が詳しくご紹介します。



「自然な抜け毛」と「危険な抜け毛」って?

抜け毛には、髪が成長するサイクルの中で自然に抜けたものと、それ以外の要因で抜けたものの2つの種類があるってご存じでしたか?
自然な抜け毛は“髪の毛が生まれ変わる周期=ヘアサイクル”にともなって抜けた髪の毛です。
この場合、抜けたあとの毛根から新しい髪が生えてきて、再び長い髪へと成長していきます。
一方、ヘアサイクルに関係なく抜ける毛は、毛根に何らかの問題があるというサイン。
この場合は、抜けたあとの毛根から新しい髪が生えてこずに、薄毛に進行してしまう恐れがあるのです。
では、どのような状態の抜け毛が危険なのか、抜け毛の判別のポイントをご紹介します。



髪の根元の形で分かる!抜け毛の見極め方

根元が綿棒の先のようにふっくらしている

根元が綿棒の先のようにふっくらとしている場合は、「自然な抜け毛」のため心配ありません。
アサイクルが正常に機能しており、抜けたあとは健康な髪が生えてくると考えられます。



根元がどんどん細くなっている

根元が細くなっている髪は、萎縮毛と呼ばれる「危険な抜け毛」になります。
毛根が痩せてきていて、薄毛が進行しつつあることを意味しているのです。
この場合、髪の毛全体が薄くなる“びまん性脱毛症”の可能性があります。



根元に白い脂がついている

根元に白い脂がついている場合は、頭皮の脂の分泌が活発で、毛穴が詰まっていることを意味しています。
抜け毛が多く、なおかつかゆみやフケが見られる場合は”脂漏性脱毛症”へと進行する恐れがあるので注意が必要です。



根元が歪んでいる・くびれがある

根元が歪んでくびれている髪は感嘆詞毛と呼ばれ、“円形脱毛症”の方に多い抜け毛です。
ストレスなどで毛母細胞が正常に働かなくなり、いびつな形の根元になってしまうのです。



根元に白いしっぽのようなものがついている

根元に白いしっぽのようなものがある場合、ヘアサイクルに問題があり、皮脂や乾燥による頭皮トラブルが発生しています。
ホルモンバランスの乱れや栄養不足によって“広汎性脱毛症”になっている可能性も。


いかがでしたか?
危険な抜け毛があった場合、たとえ薄毛が進行していなくても、頭皮の健康状態に問題があると考えられます。
抜け毛の根元をチェックしてヘアケア方法や生活習慣を見直し、健康な髪を育てていきましょう。