読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロノクリニック城野親徳の美容コラム

シロノクリニックの城野親徳です。レーザー治療、美容皮膚科の治療において、国内屈指の症例数を持ち、25年以上に渡り美容レーザーのパイオニアとして走り続けてきました。クリニック経営の傍ら、ドクターズコスメを開発、提供し、ドクターシーラボCEOも務めています。

【城野親徳の美容コラム】リラックスだけじゃない? 実は美容・肌に良いお酒


f:id:shirono-blog:20170111184835j:image

お酒は身体に悪いイメージがありますが、実は身体、美容、肌に良いお酒というのもあります。
どういったお酒がどのように身体に影響し、美容効果が得られるのでしょうか。下記にご紹介します。


◎お酒のメリット

お酒を飲むと気分がよくなりますよね。それはアルコールが大脳新皮質の働きを鈍くし、感情などの働きが活発になり元気が出てくるからです。さらに、お酒の種類によってはアロマ効果を得ることができます。そのためリラックス効果が得られるなど、ストレス解消にもなります。ストレスが解消されることで、ストレスからくる肌の劣化や老化、体調不良などを抑えられます
また、お酒は血行を良くし、肌に栄養が行き渡るようになります。その結果、肌が綺麗でツルツルになります。これはお酒の種類に限らず、全般的に言えるメリットです。

 

◎美容効果が期待できるお酒

赤ワイン
赤ワインにはポリフェノールが多く含まれています。
ポリフェノール活性酸素の増加

を防ぐ抗酸化作用があり、以下の様な恩恵をがあります。

・肌の老化を防ぐ
・免疫力を高める
・心臓疾患の予防
など

赤ワインはポリフェノールの他にも肌を綺麗に保つビタミン、ミネナルなども豊富に含まれており、特に肌に良いお酒といわれています。
ただし、飲みすぎると顔にむくみが発生しまうため注意が必要です。

 

◎日本酒
日本酒には「フェルラ酸」が多く含まれています。
フェルラ酸もポリフェノール同様に活性酸素の増加を防ぐ抗酸化作用があるため、肌の老化を防いだり免疫力を高めたりという効果が期待できます。
また日本酒には「コウジ酸」と「アミノ酸」も多く含まれており、この2つには肌を綺麗に保つだけでなく、シミ、そばかす、ホクロを和らげる効果も期待出来ます。

 

◎焼酎
焼酎には「プラスミン」を増やす効果がります。
プラスミンが増えると血液がサラサラになり血行が良くなります。そして肌に栄養が十分行き渡るようになり、結果的に肌が綺麗になっていきます。

 

◎マッコリ
マッコリには「乳酸菌」が多く含まれており、腸内環境の改善し、便秘を予防してくれます。便秘が続くと肌荒れの原因となりますので、間接的に肌荒れを防止しれます。
またマッコリにはクエン酸、リンゴ酸、酒石酸、ビタミンB、食物繊維が豊富に含まれており、これらの成分は肌は勿論、身体全体の健康にも役立ってくれます。

 

このようにお酒には、美容や肌に良く、また身体を健康に保つ効果があります。
ただし、これらはあくまで適量摂取した場合の話です。過度に飲みすぎると健康を害してしまうので注意が必要 です。楽しく、健康に良いお酒を飲むように心掛けると良いでしょう。